令和5年度 教科書
「工芸Ⅰ」

著作関係者

著作者

  • 横田 学(京都市立芸術大学名誉教授)
  • 尾澤 勇(秋田公立美術大学教授)
  • 原島秀行(埼玉県立浦和高等学校教諭)
  • 平野信子(千葉県立幕張総合高等学校教諭)

編集協力者

  • 古瀬政弘(東京学芸大学)
  • 亀井 愛(三井記念美術館)

取り組み

特別支援教育・カラーユニバーサルデザイン

誰もが使いやすく学びやすい教科書をめざして、星美学園短期大学日伊総合研究所客員研究員の大内進先生に校閲をお願いしました。特別支援教育やユニバーサルデザインの観点から、見やすさ、読みやすさ、分かりやすさに配慮した教科書作りに努めています。

防災・安全教育

関西大学教授の河田惠昭先生に校閲をお願いしました。昨今の防災・安全教育の重要性から考えて、防災・安全に関わる内容を取り扱い、生徒の意識を高めたいと考えています。

教科書のポイント

素材と技法

工芸の3大素材とも言われる、「木」「金属」「土」を中心に、多くの学校で取り上げられている技法を制作プロセスとともに丁寧に掲載しました。参考作品も多数掲載。この素材と技法では、ほかに「染織」「編組」「七宝」も取り上げています。

伝統的な素材や技法

生活の中に息づく我が国の伝統工芸を詳しく紹介しています。特に日本に古くから伝わる漆工芸については、その素材の特性や技法を合わせて掲載しました。そのほか日本の工芸と万博、柳宗悦と民藝運動など、歴史的な背景も含めてよさを実感できるように図版や解説を充実させています。

動画

インタビュー 満田晴穂
P14-15 工芸と人
インタビュー 矢島里佳
P14-15 工芸と人

目次

オリエンテーション

人間と道具 2・3
これからの工芸 46・47
工芸と自然のかかわり 4・5
工芸と風土や素材 6・7
工芸のかたち 大きさと機能 8・9
多様な美意識 10・11
身の回りのものを観察する 12・13
工芸と人 14・15
素材と技法 木 16~19
20・21
素材と技法 金属 22~25
素材と技法 土 26~29
素材と技法 染織 30~33
素材と技法 編組 34~35
素材と技法 七宝 36~37
日本の工芸と万博 38~39
柳宗悦と民藝運動 39

資料

用途と道具 40・41
制作のための知識/安全管理/製図 42・43
工芸の色 44・45

内容解説資料

内容解説資料 別冊

高校生の美術1、高校美術、高校生の美術2、工芸Ⅰ、工芸Ⅱ 共通 電子ブック(2.1MB)

教科書検討の観点からみた特色