中学社会 歴史的分野 教科書のポイント(1)

質の高い学びや
授業を
保証します

「歴史的な見方・考え方」を
わかりやすく解説

本教科書では、「歴史的な見方・考え方」を働かせて、課題を追究したり解決したりする活動を行います。導入単元である第1編では、「歴史的な見方・考え方」について丁寧に解説し、生徒が中学校の歴史学習の特色を理解しながら各時代の学習に取り組んでいけるよう配慮しました。

タップすると拡大表示します。

何を学び、どう深めるか
-授業や生徒の思考の流れに沿った構成-

この1時間で何を学ぶのか、どのようなことに着目して学習を進めるのかを「学習課題」「見方・考え方」で明確に示しました。また、「見方・考え方」を働かせながら考える問いである「深めよう」を示したほか、学習課題に対応した「確認」を設け、基礎的・基本的な知識・技能の確実な定着を企図した学習活動を提示しました。

タップすると拡大表示します。

各時代の学習を見通し、ふり返り、
時代の特色をとらえる

単元の冒頭に、生徒が学習の見通しを立てることができる「導入」を、単元の最後に「導入」に対応する「まとめ」として、時代の特色をとらえる「アクティビティ」を設定しています。こうした学習を各編で繰り返すことで、歴史の大きな流れを大観し、通史の理解を確かにします。

タップすると拡大表示します。

年間指導計画・内容解説資料などはこちら