デジタルアートカードは、
これからの時代を
生き抜く力を育むための鑑賞教材です。

これからの時代を生き抜く力として、日本の伝統文化の理解や国際理解というキーワードがあります。 しかしその力を育むには、まずは自己の理解や、身近な友達を理解しようとする態度が必要です。 この基本的な自己・他者への態度が、結果的に多様な文化の理解につながると思います。
本教材は、知識に頼らずに作品を選ぶことができます。 それは作品そのものと向き合い、直接感じることに役立ちます。
感じたままに発せられた言葉を、お互いに交わしながら、友達の見方・考え方の多様さを理解し、社会の理解へと広げていく。
これらの学習活動をとおして、これからの時代を生き抜く力を育んでほしい。 そんな願いを込めて、本教材を開発しました。

ココがポイント
多様な見方や考え方を引き出す
作品ビューア

東北大学電気通信研究所の北村研究室から技術提供をうけた「インタラクティブなコンテンツの可視化技術」を用いることで、作品サムネイルをみて、気になる作品を選ぶことができます。

詳細はこちら
歴史や国語などの授業でも使える!!
豊富な作品バリエーション

世界の名作・名品を約800点収録。歴史資料として貴重な作品から現代アートまで幅広く収録され歴史や国語の鑑賞文の授業などでも活用ができます。

詳細はこちら
じっくり鑑賞するための
「ルーペ」と「くらべる」ツール

作品の細部まで確認できるルーペや複数作品をならべて比べることができるツールなど鑑賞の学びを深め、広げるための様々なツールを搭載しています。

詳細はこちら
授業の可能性を広げる
カスタマイズ

手持ちの写真を教材に取り込み、既存の収録作品と同様に操作ができたり、作品の属性を追加したりできます。様々な教科の内容に合わせて教材をカスタマイズすることが可能です。

詳細はこちら
商品ラインナップ

商品の価格や動作環境などをご案内しています。

『デジタルアートカード』商品案内PDF
商品案内

商品の特長や機能を一つにまとめた資料です。購入のご検討の際にご利用下さい。
(商品情報は、2019年10月現在のものです。)