日文の取り組み

みずみずしい感性とユニークな視点で発想する。ひたむきに研究・努力する。そして大胆に実行する。
そのようなセンスをもった企業であり続けるために、我々は努力しています。
未来をになう子どもたちのために……。

全国で高いシェアをもつ
日文の図画工作・美術の教科書

日本文教出版は、以下の教科書を発行しています。

小学校:書写・社会・算数・生活・図画工作・道徳
中学校:社会・数学・美術・道徳
高等学校:美術・工芸・情報

中でも「図画工作」「美術」の教科書は1950年の発刊以来、つねにシェアトップを維持し、日本文教出版は全国の多くの学校で日文(にちぶん)の愛称で親しまれるようになりました。

新たな教科書へのチャレンジ

高いシェアを保ってきた図画工作・美術の教科書以外にも、日本文教出版は事業の多様化をめざして、1990年代には小学校社会・生活、中学校社会、2000年代には高等学校情報の教科書作りにチャレンジし、幅広い教育現場での支持を得て、多くの学校で使用されるようになりました。

さらに書写、社会、算数、数学

2009年からは小学校書写・社会・算数、中学校社会・数学の教科書を、大阪書籍から引き継いで発行するに至りました。

「特別の教科 道徳」がスタート

道徳の教科化にあたり、2018年に小学校道徳の教科書、2019年に中学校道徳の教科書を発行し、多くのご採用をいただきました。

一般書籍の出版、ソフトウェア開発、
教育の情報化(デジタル教科書)への対応

芸術系一般書籍や教師向けの指導用図書など、一般書籍の企画・編集。資料集、ワークブック、問題集などの教材開発。授業に役立つ学習ソフトウェア、ネットワーク教材の開発、教育の情報化に対応するデジタル教科書・教材の開発など、多岐にわたる事業を展開しています。

主な一般書籍・副教材

主なデジタル教科書・教材