代表取締役社長 佐々木 秀樹

私たちのDNA

 日本文教出版の教育専門出版社としてのDNAは、「現場の先生の指導と子どもの学びに常に寄り沿う」という姿勢と、「子どもの創造力を育てる教育」への挑戦であります。

 弊社の創業者である佐々木国雄は、昭和8年(1933年)、教科書・教材出版社に入社、昭和14年(1939年)から駐在員として中国の上海に赴任し、現地学校現場での教材普及に努めました。終戦後、日本に引き揚げてからは、子どもが学ぶに十分な教科書・教材がないという当時の国内の教育現場の状況に衝撃を受け、学校の先生方の強い要請に応える形で、教科書・教材の出版に着手し、日本文教出版を設立しました。ここに、私たちのモノ造りのDNAである、常に現場の先生の指導と子どもたちの学びに寄り沿うという基本方針が生まれました。
 もう一つの、創造力を育てるというDNAは、「概念くだき」という大正時代初期に源流をもつ自由画教育理論を戦後の美術教育に採り入れ、そのパイオニアとして大いに普及させた過程で生まれました。模写や暗記を中心とした戦前の教育方法を乗り越え、より発展的で自由な子どもの創造力を育てる教育への挑戦でありました。
 私たちは、この二つのDNAをしっかりと受け継ぎ、わが国の教育の向上に貢献するとともに、文化の進展と社会の繁栄に寄与するため、教育出版活動を続けています。

幅広い教科への取り組みと、社会的使命の追求

 私たちは、現在、会社のルーツでもある美術・図画工作教育を柱に、社会科、生活科、算数・数学科、情報科、道徳教育等の分野において教科書・教材を発行しています。自己変革を是とし、常に積極的思考に基づいた行動を心掛けています。
 それぞれの時代に大きな足跡を残した出版社からの要請を受け、その事業を度々引き継ぎ、教科書発行会社としての社会的使命を堅持するための努力を重ねてきたのもその表れです。例えば、昭和42年に音楽教育図書(株)、平成5年に中教出版(株)、平成20年に大阪書籍(株)から教科書版権譲渡を受け、その出版事業を継承しました。
 また、人間にとって、教育とは、受けたその時だけではなく、一生の長い時間の中で、様々な影響をその人生に及ぼす奥の深い営みであります。
 その意味で、教育と社会生活との繋がりをできるだけ橋渡ししていくような活動を広げていきたいと考えています。例えば、芸術作品や歴史的文化遺産に接した時の感動や驚きを、学校教育で潜在的に身につけた素養や知識をよみがえらせることによって、更に深化させていく、そのような仕組み・手段を社会に提案していく所存です。

願い

 ありきたりな言い方ですが、子どもたちにしっかりとした基礎的素養・教養を身につけてもらい、夢を育て、広げ、幸せな人生を送る礎を築く。そのためなら、私たちは、教える人、学ぶ人の為にどんな事でも喜んでしたいと願っています。


日本文教出版株式会社
代表取締役社長
佐々木 秀樹