学び!とシネマ

学び!とシネマ

山〈モンテ〉
2019.02.07
学び!とシネマ <Vol.154>
山〈モンテ〉
二井 康雄(ふたい・やすお)

© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

 「山〈モンテ〉」(ニコニコフィルム配給)という映画のチラシには、男が岩山に、大きなハンマーを打ちつけている写真が載っている。いったい、何のために?
 寓話仕立てだが、表現はリアルそのもの。
 舞台は、中世の後期、イタリアの山岳地帯。男の名は、アゴスティーノ(アンドレア・サルトレッティ)という農夫で、妻のニーナ(クラウディア・ポテンツァ)と、息子ジョヴァンニ(少年時代:ザッカーリア・ザンゲッリーニ、青年時代:セバスティアン・エイサス)の3人で暮らしている。
 村は、ちょうど山の影にあって、日光が十分に当たらず、作物が育ちにくい。わずかな収穫を町で売ろうとしても、あまりお金にならない。仲間の小作農たちは、相次いで村を離れていく。
© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved. こういったアゴスティーノの貧しい暮らしぶりが、淡々と描かれていく。アゴスティーノは、先祖や亡くなった娘の墓があることもあって、この土地を離れることは出来ないと考えている。いまや、周囲の村人たちからも差別され、家族もまた、ばらばらになる。移住を勧められても、アゴスティーノは耳を貸さず、村に留まり続けている。やがて、アゴスティーノは、大きなハンマーを手に、岩山に登っていく。
 いたってシンプルな筋書きだが、映画の訴える意味は、深く、重い。人は、常に安きに流れる。昔から言う。「滅びに至る門は広く、栄えに至る門は狭い」。いまこそ、ぼくたちは、自らの手で、狭き門をこじあけるしかない。
 監督は、イラン生まれのアミール・ナデリ。2016年に開催された第17回東京フィルメックスの特別招待作品として上映されたときに見たが、改めて見ても、その力強さに打たれる。当時の監督のメッセージにこうある。「登場人物たちと私自身にとって、鍵となる言葉は挑戦と持続だ。それなしでは私たちは生きていくことはできない。人間は、不可能と思われることを可能にするチャンスを受けるに値していると私は信じている」。
 自らを信じ、山に挑戦し続けるアゴスティーノの一挙一動を、じっくりと見つめていただきたい。
© 2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Ciné-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved. たまたま、昨年の第19回東京フィルメックスで、アミール・ナデリ監督の特集上映があった。「タングスィール」(1974年)、「ハーモニカ」(1974年)、「期待」(1974年)、「マジック・ランタン」(2018年)、脚本を書いた「華氏451」(2018年)の5作品が上映された。どれも映画への愛にあふれた傑作だが、なかでは、「ハーモニカ」がひときわ印象深かった。日本製のハーモニカをめぐって、子どもたちの騒動を描いただけのドラマに、強大な権力への風刺、暗喩が込められている。児童映画の体裁を取りながら、アミール・ナデリ監督のイランへの思いが結実した傑作と思う。いずれも、またどこかで特集上映が開催されると思われるが、機会があれば、ぜひの鑑賞をお勧めする。
 このような映画を撮り続けている監督が、特集上映の折りには、連日、東京フィルメックスの会場ロビーに顔を出す。なんと、「山〈モンテ〉」の公開が決まったので、ロビーにいる観客に、自ら、チラシを配り、PRする。大柄で、眼光鋭く、一見、恐そうなおじさんだが、とても優しく、接してくれる。恐る恐る、チラシにサインを頼むと、快諾してくれた。また、宝物がひとつ、増えたよう。
 アミール・ナデリは、いま、アメリカに住んでいる。故国イランで、再び映画を撮ることが出来るのだろうか。撮ってほしいものだが。

2019年2月9日(土)より、アップリンク吉祥寺にて公開!以降全国順次

『山〈モンテ〉』公式Webサイト

監督・脚本・編集・音響:アミール・ナデリ
製作:カルロ・ヒンターマン、ジェラルド・パニチ、リノ・シアレッタ、エリック・ニアリ
撮影:ロベルト・チマッティ
美術:ダニエレ・フラベッティ
衣装:モニカ・トラッポリーニ
装飾:ララ・シキック
録音:ジャンフランコ・トルトラ
出演:アンドレア・サルトレッティ、クラウディア・ポテンツァ、ザッカーリア・ザンゲッリーニ、ジョヴァンニ、セバスティアン・エイサス、アンナ・ボナイウート
2016/107分/伊・米・仏/イタリア語/シネマスコープ/5.1ch
英題:MOUNTAIN 原題:MONTE
配給:ニコニコフィルム

Positive SSL