読み物プラス

読み物プラス

RST
2016.07.11
読み物プラス <Vol.25>
RST
福島県郡山市立開成小学校教諭 大塚久

gamba_tohoku_mark_w3001

 震災後から描き始めている5作目の漫画が完成しました。

 私の思いは、震災後の福島の状況を風化させないことだけにあり、私は福島県人として、この活動を続けていく義務があると思っています。

 今回の作品は、以前短編としてホームページ用に描いたものを少し膨らませたものです。あの日がなかったら、あの日がなければ…と思っても仕方がないこととわかりながら、この作品を仕上げました。「たられば漫画」ですね。
 ちょうど、描いている途中にあの日から5年が経ちました。実は、この漫画を3月11日に出そうと考えていました。なぜか、あの当時私は、5年後をとても待ち望んでいたような気がします。その当時、『早くこの現状を回避したい!』という強い想いが達成されるのは5年後だと、なんとなく思っていたのです。私はクリスチャンではないのですが、初めて「神様…」と天を仰ぎました。私の考えは甘かった…5年では足りなかったですね。また、5年後を期待して前進していきます。

 私の漫画は「福島の真実!」ということではなく、風化させないための表現方法のひとつであります。そして私は、希望のある作品(フィクション)にしようと常に思っています。

 この漫画は、いろいろな方の協力によって製本されております。この場をお借りして感謝申し上げます。

 今回も手に取っていただきありがとうございます。

 また、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 そして、また来年お目にかかれたらうれしく思います。

 

電子ブックはこちらから

 

読み物プラスVol.17「3年8ヶ月」
読み物プラスVol.14「奥羽行進曲」
読み物プラスVol.01「NOT YET OVER-あどけない瞳に映るもの-」
学び!トピックス Vol.32「福島の先生が3.11後を漫画に。」

Positive SSL