読み物プラス

読み物プラス

ダバイザー(第1巻)
2017.05.26
読み物プラス <Vol.27>
ダバイザー(第1巻)
福島県郡山市立小山田小学校教諭 大塚久
gamba_tohoku_mark_w3001

 震災後から描き始めている6作目の漫画が完成しました。

 私の思いは、震災後の福島の状況を風化させないことだけにあり、私は福島県人として、この活動を続けていく義務があると思っています。

 今回の作品は、完全なる子ども用マンガです。

 実は、現在(2017.3.11)6年生の担任をしています。現在の6年生は震災の年の入学生です。体育館での入学式ができず、例年より遅れての図書室での入学式となりました。狭い空間でしたが、保護者の皆様と先生方の熱い想いのこもった入学式でした。また、外での活動は3時間のみという奇妙な制限がかかり、外で思い切り遊ぶこともできませんでした。プールにも入れず、暑いのに窓を閉め切っての授業…大変だったと思います…。運動会も午前中で、室内やほかの場所を借りて行いました。2016年4月に初めて午後まで実施しましたが、ある子供が「先生、午後までって…でも、給食はないんですよね…。」運動会は、家族と一緒にお昼を食べることを知らない子供たちだったんです。涙があふれました。そんな子供たちに喜んでもらおうと、一生懸命頑張って描きました。

 私の漫画は、「福島の真実!」ということではなく、風化させずに、そして希望のある作品(フィクション)にしようと私は常に思っています。

 この漫画は、いろいろな方の協力によって製本されております。この場をお借りして感謝申し上げます。

 今回も手に取っていただきありがとうございます。

 また、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 そして、また来年お目にかかれたらうれしく思います。

 

電子ブックはこちらから

 

読み物プラスVol.25「RST」
読み物プラスVol.17「3年8ヶ月」
読み物プラスVol.14「奥羽行進曲」
読み物プラスVol.01「NOT YET OVER-あどけない瞳に映るもの-」
学び!トピックス Vol.32「福島の先生が3.11後を漫画に。」

Positive SSL